【マーケット情報】黒田総裁退任後の金融緩和巻き戻しが進む日銀 / 自民党総裁選の結果が為替相場に与える影響について / 他

2020年7月収支(ミラー&EA)

2020年7月収支(ミラー&EA)

Master Piece FX (EA)

  関連記事:最高傑作のFX自動売買 Master Piece FX / 特典:複利を加速させる裏技

7月の取引回数は若干少なめだったものの、勝率は100%と絶好調でした。

投資元本こそ少ないので稼ぎも小さいですが、これは本当に優秀なEAだといえそうです。初月の大損さえ、なければ。

ちなみにこのMaster Piece FX の購入者には、運営事務局より毎週メルマガが届きます。

EA作成者のTAMURA氏による「直近相場の分析・研究・開発・検証レポート」というお題目で、相場観やトレーダーマインドを育ててくれる内容を発信してくださっています。

時には、その週のイベントの注意事項を送ってくれることも。

で、そのメルマガの中で毎回記載されているのが、運営事務局のフォワード成果です。

利用している証券会社やスプレッドの様子などによってもフォワードテストの結果も変わってくるものですので、本記事の収支記録では事務局のフォワード推移もできるだけ紹介するようにしています。

というわけで、事務局のフォワード稼働記録はこちら。

—————————————
Master Piece FX
2020年1月6日~7月28日
—————————————
純益 プラス推移
プロフィットファクタ 1.14
最大ドローダウン 3.33%
総取引数 155
勝率 94.84%

そして、次が私の記録です。リアル口座の試運転なので、元本少なめ。

2020年







取引
回数
勝率獲得pips投資元本月間損益累計損益備考
4月1566.7%-229.5$100-$118.90-$118.904月10日より稼働
許容リスクは運営推奨
の25倍に設定
5月13100.0%64.3$100$12.86-$106.04全勝!
6月1392.3%56.5$100$14.47-$91.571敗あったのはロジック決済2.2pips。あとは快勝
7月10100.0%53.8$100$16.10-$75.47
全勝!

ミラートレード

  関連記事:弱者救済

今月のミラートレードは過去最高益を達成。

信頼できる運営チームとのご縁は、まさに宝です。

2019年投資元本月間損益月間利益率累計損益累計利益率備考
9月¥150,000¥5,5903.7%¥5,5903.7%9月16日より開始
10月¥150,000¥14,7089.8%¥20,29813.5%
11月¥150,000-¥4,783-3.2%¥15,51510.3%ボラ低下により、トレ ード
収益が手数料/報 酬の支出を
下回った
12月¥250,000-¥106-0.0%¥15,4096.2%トレード利益は8438円
出るも、前月報酬/
手数料の合計には若干
足りず、残高は増えな
かった。10万円追加入金
したので利益率の分母が
膨れて数字が下がった。







2020年投資元本月間損益月間利益率累計損益累計利益率備考
1月¥250,000¥17,2056.9%¥32,61413.0%12ヶ月間の運用管理
費用(48000円)を一括
で前払いした。損益に
影響しないよう、毎月
4000円ずつ支払った仮定
で損益計上する。次月
からも同じ。
2月¥250,000¥25,09210.0%¥57,70623.1%
3月¥250,000¥47,52219.0%¥105,22842.1%コロナ相場で値動きが
出て利益が出ていたが、
3月20日から稼働停止
4月¥250,000¥18,1197.2%¥123,34749.3%4月6日より稼働再開
5月¥250,000-¥18,114-7.2%¥105,23342.1%ブローカー変更のため
5月14日で打ち止め。
損益は5月分報酬も
差し引かれた額
6月¥250,000¥38,77115.5%¥144,00457.6%新ブローカー(EBE) にて
6月15日より 稼働再開。
当月管理費 は免除
された。
7月¥250,000¥54,51421.8%¥198,51879.4%好調v
運営の判断で損切りと
なった場面もあったが
おかげで大きく利益が
伸びた

☆ タシデレFXからのプレゼント ☆

CTA-IMAGE 当サイトのポリシーは『FXで誰もがタシデレ(=幸福)を実現できるようになること』
というわけで、再現性抜群のシステムトレードを無料でおすそ分けしています!
最高月利44%まで叩き出した独自の分析方法を伝授しますので、今までにない斬新な稼ぎ方をぜひお試しください。
手法探しに疲れた初心者さんは必見。
そして、上級者の方もポートフォリオの一環としてどうぞ。

収支記録カテゴリの最新記事