【マーケット情報】黒田総裁退任後の金融緩和巻き戻しが進む日銀 / 自民党総裁選の結果が為替相場に与える影響について / 他

GEMFOREXの良いとこ悪いとこユーザー目線で全部いう

GEMFOREXの良いとこ悪いとこユーザー目線で全部いう

当サイトでたびたびご紹介している海外FXブローカー の 『GEMFOREX』は、私も実際に愛用して使い続けている業者のひとつです。

使っているうちに、その特性というか、良し悪しのポイントがだいぶわかりましたので、ユーザー目線で網羅的にGEMFOREX の特徴をまとめてみようと思います。

海外FXとはいえ創立も経営も日本人ですので、運用も日本人好みのブローカーとなっております。

初めての海外FXをご検討の方は、どうぞご参考になさってください。

目次

GEMFOREX のジェネラルインフォメーション

創業: 2010年6月(ブローカーとしての『GMEFOREX』は2014年より)

本社: ニュージーランド

拠点:香港、中国、イギリス、ベトナム、バヌアツ

認可:ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)より金融ライセンス(FSP564306)

理念:「全ては最高の投資環境をお届けするために」

分別管理:あり

ゼロカットシステム: あり(トレードで負けて口座残高がマイナスになっても、負債扱いにせずゼロに戻してくれる安心サービス)

レバレッジ:1,000倍

公式サイト: https://gforex.asia/

信頼性について

良いところ:ブランドアンバサダーの存在

私にとっては、審査の厳しいTariTali で取り扱いされているという一点をもってGEMFOREX が安心できる会社だと思っているのですが、、、TariTali としての決め手はGEMFOREX が2019年にきちっと金融ライセンスを取得したことでした。

ニュージーランドの金融ライセンスを取得したことで、多くのGEMFOREX ユーザーも安心したのではないでしょうか。

そして、ほぼ時を同じくして、GEMFOREX のブランドアンバサダーにプロボクシングのマニー・パッキャオ氏が就任しました。

マニー・パッキャオのスポンサーとして、彼がリングに上がるときに広告が打てる、、、、それ以外でいったい何を??・・・とも思いましたが、

次の「げむめし」さんの記事で、GEMFOREX がマニー・パッキャオのスポンサーになるまでの経緯と、熱意を読みました。

  参考リンク:GEMFOREX広報担当に直接取材!マニーパッキャオとの契約の裏側(げむめし)

これを読めば、GEMFOREX は事業に責任感を持って取り組んでいることがわかり、少なくとも突然ドロンと消えてしまうような怪しげな会社ではないなと、感じた次第です。

簡単にいえば、

・ マニー・パッキャオは信頼のできる企業のスポンサーしか受けない

・ 金ばかりかかって特に必要ともいえないスポーツマンのスポンサーシップに、情熱をもってあたる熱意と会社愛

そうゆうところでしょうか。

悪いところ:DD業者

GEMFOREX はディーリング・デスク(DD)業者です。

ユーザーと銀行を直接つなげば設定したスプレッド分だけ無難に儲かるのがFXブローカーなのですが、GEMFOREX の場合はユーザーの注文を銀行にすぐに流さず、自社で受け止める(ディールする)のです。

つまり、GEMFOREX のようなDD業者というのは、ユーザーが失うお金が業者の収入になるし、ユーザーが儲かれば業者は損をするという関係にあります。いわゆる、注文を呑んじゃうノミ業者ですね。

なので、こうしたノミ業者は、時々スプレッド幅を操作したりしてユーザーのロスカットを誘発させることがあります。

残念ながら、GEMFOREX のチャートを見ていても「あ、ストップ狩りしてるな」と感じるアヤシい瞬間はあります。1分足で他社のチャートと比較してみると、ときどきローソク足が不自然に突出している瞬間があるのでわかりやすい。

これはGEMFOREX に限ったことではないので、DD業者とはそういうものだと承知の上でつきあうしかないでしょう。

ただ、必要以上に警戒する必要もありません。日本の証券会社も、実はほとんどがDD業者です。そう考えれば、気が楽でしょうか。

幸いなことに、GEMFOREX はストップ狩りで損失を出したユーザーからクレームがあれば損失を補填してくれるという噂があります。

いざという時は、クレームを入れてみましょう。

口座開設

良いところ:Eメールアドレスと名前だけ。身分証明は後でいい

GEMFOREX の口座開設でラクなのは、なんといってもメールアドレスと名前だけの登録で素早く完了できるということです。

これだけで、もうアカウントにログインできるようになります。

身分証明書の提出は、出金までに行えばいいということになります。

ただ、ボーナスの受取についても先に身分証明書の提出が必要になります。

悪いところ:特にない

口座開設については、特に不便に感じたことはありません。

トレードの使い勝手

良いところ:自動売買に制限がない

GEMFOREX の元来の事業は無料EAの提供サービスだっただけあり、自動売買を行うことに制限はありません。

制限といえば、両建てについてちょっとうるさいようですが、実質問題ありません。

 ※ 異なる口座、異なる業者間での両建ては禁止。相関性の高い通貨ペア同士での両建ても禁止と言っています。同じ口座の中での両建ては可能です。

その他にも、ボーナスやゼロカットシステムの足下をついた悪質なトレード手法でなければ、だいたい大丈夫です。

次項で紹介する「スキャルピングの制限」だけは、気にしておかないといけません。

悪いところ:スキャルピングに制限がある

スキャルピングに、というと正確ではありませんね。

GEMFOREX では 短期での高額ロット売買に制限があります。

具体的には(目安として)5分以内に合計10ロットを越える取引をした場合、取引自体がなかったことにされるかもしれません。

合計10ロットというのは、一度の取引での10ロットではありません。というか、片道毎に数えるので、エントリーが10ロットであれば決済でまた10ロット取引したと数えます。

例えば、1ロットの買いを入れて、それを決済した(売った)場合、往復で2ロットの売買があったと数えます。

これを5分以内で合計10ロット以上の売買を行うときは、あらかじめカスタマーサポートに連絡すること、とされています。・・・が、スキャルピングをしようとチャートに向かう度にサポートに連絡するとか不毛ですので、この点は不便といえます。

この処置はカバー先の金融機関のサーバー負担を考慮してのことだそうです。

なお、EAに制限はないと前述しましたが、この制限のようにサーバー負荷が問題となる取引量であれば、制限はかけられるものだと思っておきましょう。(GEMFOREXは制限していないが、カバー先銀行から制限が執行される可能性が排除できない)

スプレッド

良いところ:海外FXの中では狭いほう

日本のトレーダーの間で、海外FXの代表的なブローカーいえば、XMではないでしょうか。

XMの標準的なスプレッドは、EURUSD と USDJPY なら1.8〜2.0pipsぐらいです。

GEMFOREX の場合は、同通貨ペアで 1.4〜1.8pipsぐらい。

若干ですが、海外FXの中ではスプレッドも良心的な業者になります。

ちょっと気になるのは、2020年になってから状況が変わってきたことです。

2019年まではEURUSD/USDJPY のスプレッドは1.2pipsで固定されていました。(早朝や急変動相場ではこの限りではありませんでしたが)

それが、2020年からはスプレッドは変動するようになり、そして以前より広くなりました。

昨今のスプレッド状況は上述の通りですが、いまが過渡期なのであれば、また様子は変わってくる可能性もあるかと存じます。

また、スキャルピングのためにもっと激狭なスプレッドがいいという方には、0.3pips前後のノースプレッド口座も用意されています。

他のブローカーの低スプレッド口座とは違い、別途手数料をとることがないので大変お得かつ強力です。

ただし、こちらは以下の制限が設けられていますので、これをクリアできるベテラントレーダー向けといえます。

・ 最低入金額30万円

・ ボーナスは対象外

・ EAの利用は不可

  参考リンク:GEMFOREXのFX口座タイプ(公式)

悪いところ:ときどき大きく広がりすぎる

2020年3月10日。EURUSD のスプレッドが20pips以上に広がり、両建てでスワップポイントを稼いでいた私のポジションは含み損があっ!とゆう間に広がり、強制ロスカットで全てを失ってしまいました。

噂ではこのとき、40pipsまで広がっていたともいわれています。

これはストップ狩りの類いだろうと思いますが、時折このようにスプレッドが無限に広くなるのは、上述したDD業者の特徴でもあります。これを覚悟した上でトレードしなければいけません。

  関連記事:何が起きてるGEMFOREX?両建て手法はしばらく様子見。

スワップポイント

良いところ:両方向プラススワップのつく通貨ペアがある

スワップポイントというのは本来、通貨ペアを構成する両通貨の間の金利差から発生するものですが、これはブローカーごとに自由に決められるようです。

GEMFOREX の場合は、どういうわけか、買いポジションでもプラススワップ、売りポジションでもプラススワップになるという、両方向プラススワップのつく通貨ペアがあります。

2020年10月現在では、『EURUSD』と『USDJPY』のふたつですね。

  参考リンク:各通貨スワップポイント一覧(GEMFOREX 公式)

両方向プラスのスワップがつくということは、両建てを待っていればプラスの金利だけが溜まっていくという美味しい状況でもあります。

その手法については次の記事から始まるシリーズで詳しく紹介しています。

  関連記事:GEMFOREXの両建てスワップで月利10%のハイリターンを狙え

・・・が、この記事を書いた当時はEURUSD のスプレッドは平常時1.2pipsで固定されていました。現在は状況が変わったので、この手法を「時間差ゼロ両建て」から始めることもできず、オススメ度は下がっています。

できるだけ含み損が小さくなるように両建てを始める裁量技術があるならば、あるいはスプレッドが極狭のECN口座で短期運用をするのであれば、まだまだ利用価値はあります。

悪いところ:両方向プラススワップはユーザー集めのエサ

上記でお得な両建てスワップ手法をご紹介しましたが、実際、この手法はGEMFOREX のコラムでもオススメされています。つまり、公認であり推奨です。

これもGEMFOREX のユーザー集めのためのエサのひとつだとは分かってはいるのですが・・・。

それでもGEMFOREX が誠実にその手法実践者を見守ってくれるのならよかったのですが、どうやらそう甘くはありませんでした。

両建ての弱点は、スプレッドが広がるのと比例して含み損が拡大することなのですが、、、私の運用中にもスプレッドが急拡大して全てのポジションを失ってしまうという悲劇が発生・・・。

それまでは半年以上、EURUSD のスプレッドは最大8.4pipsまでしか開かないことを観測していました。なので、私の運用はスプレッド15pipsまで耐えられる計算での両建て。

が、その日は、、、スプレッドが40pipsまで開いてしまい、含み損に耐えられず強制ロスカット。 

それ以来、時々おかしなスプレッド拡大は目につきます。

GEMFOREX も、新興のFXブローカーとしてユーザー集めに注力するステージは終わったということなのかもしれません。

ボーナス

良いところ:他を寄せつけない豪華さ!

海外FXのボーナスは、日本国内証券会社のボーナスと比べても非常に豪華です。

何といっても、トレードする前にボーナスがもらえるので、お得。

・・・なのですが、昨今では豪華なボーナスを与えてくれるブローカーも少なくなってきたとも聞きました。

今のうちに、GEMFOREX のボーナスをもらえるだけもらっておくことをお勧めします。

 ※ ボーナスクレジットは証拠金としてのみ利用できます。出金はできません

 ※※ アカウントのいずれの口座からでも出金をすれば、保有しているボーナスクレジットは消失します。

ボーナスの種類は4種類あります。

新規口座開設ボーナス

GEMFOREX に初めて登録する方の口座に、ボーナスクレジットが振り込まれます。

通常は2万円ボーナスのキャンペーンをやっていますが、100%入金ボーナスのキャンペーン期間中は1万円ボーナスになっていることが多いです。

なお、お正月やゴールデンウィークなど、特別な機会に3万円ボーナスになる時もあります。これは予見ができませんので、2万円ボーナスのタイミングで口座開設されることをオススメします。「3万円」がたまたま出れば、迷わず飛び乗りましょう。

  現在のキャンペーン状況を見る>> GEMFOREX キャンペーンページ(公式)

100%入金ボーナス

毎月1度か2度、3日間ほどキャンペーンをやっています。期間中にアカウントが抽選され、当選したアカウントに対して入金額の100%同額のボーナスをプレゼントしてくれます。

【↑マイページにこのバナーがあれば当選者】

1万円入金すれば、プラス1万円のボーナスを。100万円を入金すれば、プラス100万円分のボーナスをもらえます。同じ資金で2倍の効率でトレードができるということですね。

ただし、ボーナスをもらうためには当選の同日に入金する必要があります。

また、100%をもらうための入金方法が限定されるときもありますので、都度の確認が必要です。(銀行振込なら100%、その他の入金方法では50%、という条件とか)

こちらは既に登録済みのアカウントから抽選されますので、あらかじめ2万円の新規口座開設ボーナスの日に登録を済ませておいた方がお得です。

  現在のキャンペーン状況を見る>> GEMFOREX キャンペーンページ(公式)

お友達紹介キャンペーン(ボーナス)

お友達紹介制度です。

あなた専用のGEMFOREX紹介用URLからお友達が口座開設し、そして一定の金額を入金されたら、あなたには謝礼として100%入金ボーナスがもらえる「チケット」がもらえます。

このチケットを使用してもらえるボーナスの上限額は10万円まで。お友達を紹介する度に、何枚でももらえます。

紹介方法は、あなたのアカウントのマイページにある紹介用URLをお友達に送るだけ。

ただし、というか当然ですが、ボーナスチケットほしさに虚偽の登録をしたり、お友達がトレードしなかったりしたら、チケットは無効になります。

詳細はこちら。

  参考リンク:お友達紹介キャンペーン!(公式)

他社から乗り換えキャンペーン

国内外の他社証券会社でFX口座をお持ちの方が、GEMFOREX にその運用資金を乗り換えるためのキャンペーンになります。

他社でポジションを保有している場合、GEMFOREX に乗り換えるためにはそのポジションを決済しなければいけませんね。

そのポジションが利益確定できるならそれでよし。損切りになってしまうということであれば、その損失をGEMFOREX 移行後にボーナスクレジットで補填してくれるというサービスです。

ただし、このサービスの対象となるためには、あらかじめGEMFOREX による審査を受ける必要があります。

使いようによっては、とてもお得なサービスだと思います。

それに、なにしろ、審査してもらうだけなら、何も損しない。

一点だけ注意ですが、このサービスで補填されるボーナスクレジットは、あくまでも証拠金としてのみ使えるボーナスクレジットです。GEMFOREXのアカウントから資金を出金したら、そのクレジットは消えてなくなりますので、計画的に使いましょう。

詳細については、公式ページをご確認ください。

  参考リンク:他社からGEMFOREXへ乗り換えキャンペーン(公式)

悪いところ:クレジットを保有していると出金しにくくなる

ボーナスをもらえば効率よくトレードができるし、ありがたいのですが、このボーナスクレジットというものはアカウントの口座から1円でも出金すれば消失してしまいます。

ここでポイントになるのは、「アカウントの口座から」ということです。

アカウントの中に複数の口座を持っているとして、そのうちのひとつの口座から出金をしても、全ての口座にあるボーナスクレジットが無くなってしまうのです。

特に注意しなければいけないのは、ポジション保有中の場合です。

例えば、A口座でポジションを持っている場合、A口座からの出金はできないようになっています。しかし、B口座からの出金はできます。B口座から出金した瞬間にA口座のボーナスクレジットが消えてしまったら、保有中のポジションに対して証拠金は不足してしまわないでしょうか。

ここまで考えないにしても、数万円や数十万円のクレジットを保有していたら、出金によってそれがなくなるかと思えばなかなか出金しにくくなるのが人情というもの。

こうして、ボーナスをもらってしまったら出金ができなくなるというジレンマに陥ることになる可能性があります。

こうゆう時は、自分に言い聞かせましょう。

「クレジットが減る時は、口座残高がゼロになるまで負けた後だぞ。勝ってるうちに出金するべし」

・・・と。

あるいは、よく稼いでガシガシ出金するつもりなら、始めから「ボーナス」よりも「キャッシュバック」での収益アップがお得になります。

ボーナスは、あくまでも、証拠金を底上げしてくれる補助輪的サービスと心得ましょう。

カスタマーサポート

良いところ:回答が早い

GEMFOREX は、ベトナムにカスタマーサポートオフィスを構えています。

ですが、カスタマーサポートの営業時間は日本時間で平日10:00〜17:00となります。

問い合わせフォームからでも、Eメールでも、基本的に質問に対する回答はその日のうちに返ってきます。早ければ、数十分で。

これは、なかなかの安心ポイントです。

悪いところ:レベルが低い

回答が迅速なのは助かるのですが、時々、サポートの方の力不足を感じます。

対応マニュアルにありそうな簡単な質問であれば、紋切り型の回答がビシッと返ってくるのですが、少し混み入った質問になると、回答がトンチンカンになったりします。

マニュアルに書いてなければ他部署に問い合わせればわかることなのに、しつこく自分の(勘違いしたままの)意見で返し続けてきたということが何度かありました。

そして私が気に入らないのは、他部署の責任であれば「申し訳ございません」がいえるのに、自分のミスでの間違いに対しては謝罪が出てこないというところ。こっちはその担当者のミスのせいで、随分と時間も労力も費やしたというのに。

カスタマーサポートの対応力が弱いのは、気になるところでした。

もしもGEMFOREX の担当者がこの記事を読んで下さっているなら、ここは改善をお願いしたいところですね。

入金

良いところ:10種類以上の入金方法/入金手数料はGEMFOREX が負担

数えてみると、13種類の方法で口座への入金が可能です。

ただ、そのうち3つは中国国内専用のようなので、日本在住の方には実質10種類といったところでしょうか。

とはいえ、大抵の方には国内銀行振込とクレジットカード決済があれば十分ではないでしょうか。

あとは 『ビットコイン』『PayPal』『Bit Wallet』とありますので、ユーザーのニーズには応えていますね。

最低入金額は、銀行送金なら1,000円から。クレジットカード決済なら5,000円からと、少額資金でトレードを始められることも魅力です。(口座開設ボーナスだけ使えば、ゼロ円でトレードできますけどね)

また、入金に掛かった手数料は、その金額が証明できる画像等を添えてカスタマーサポートに申請すれば、GEMFOREX が負担してくれます。大きめの金額を銀行送金したら、是非その手数料は取り返したいですね。メール一本です。

悪いところ:特にない

入金については不満はありませんし、不便を感じたこともありません。

出金

良いところ:ストレスなく出金できる

出金については、数十万円程度の出金でもストレスを感じたことはありません。

ネット上を見渡せば、数百万円でも問題なかったと書いてあるので、この点について問題は感じていません。

そもそも、キャッシュバックサイトの『TariTali』で取り扱われているという時点で、悪質な出金拒否などのない安心できる業者であることが審査済みである証しです。

もしもGEMFOREX が信用できなくても、TariTali を信用してください。

悪いところ:特にない

上記のとおり、出金に関して不満と感じるものはないのですが、もしかすると人によっては

クレジットカードに返金するという対応がない

ということが気になるかもしれませんね。

無料EA&ミラートレードサービス

GEMFOREX の一番の目玉は、なんといっても無料で使えるEAとミラートレードを多数用意していることですね。

それらのサービスを利用するためには最低口座残高が設定されていますが、口座残高が多ければ多いほど、同時稼働できるEA/ミラートレード の数も多くなります。

良いところ:使えるEA/ミラートレードの種類が豊富

元々、GEMFOREX の前身は『GEMトレード』といい、EAを無料提供する会社でした。

つまり、ブローカー業よりもEA貸し出し業(?)の方がはるかに歴史が長い会社なのです。

歴史があるだけあって、利用可能なEAの数もハンパなく、300以上のEAが用意されています。

これをお好みの検索方法で抽出することができますので、色々なEAやミラートレードのストラテジーを見てみるだけでも楽しくなってきますよ。

悪いところ:損切りせずに勝率高く見せている悪質なEA/ミラートレードも掲載

EA/ミラートレードの数の多さは素晴らしい、と上で書きました。

が、どうゆう審査で登録されているのか、使用に堪えないパフォーマンスの悪いものも多くあります。

その多くは表示されているフォワード成績で判断できますが、中には一見して好成績を出していて、しかも成績ランキングで上位にランクインしているようなものもあります。

これを「悪質」と断罪しては制作者さんに失礼かもしれませんが、、、、成績に反映されない「含み損」が膨大に膨らんでいる状態があるにも関わらず好成績に見せているというのは、私は気に入りません。

もしかすると、含み損分のポジションを一斉に損切り決済しても結果的に利益が残るのかもしれませんが、そのようなプラスのバランスが長期的に維持できるのかは疑問です。

というか、損切りした実質の利益で見れば、成績ランキングのもっと下にいってしまうはず。

というわけで、ミラートレードを選ぶための私なりの判断基準を次の記事にまとめていますので、よろしければご一読ください。EAの選定についても、考え方は基本的に同じです。

  関連記事:ミラートレードのススメ

キャッシュバック

海外FXのキャッシュバックは、日本の国内証券会社でもらえるキャッシュバックとは全く違います。

国内証券会社のキャッシュバックは、「○○ロットの取引が完了したら○○万円キャッシュバック!」

という、いわば一回きりのボーナスのようなもの。

海外FXでキャッシュバックといえば、

「取引き1ロットあたりで○○pip分キャッシュバック。ロットの大小によって比例するよ〜」

・・・というもので、トレードする度に何度でも発生します。

トレードで勝っても負けてももらえるものなので、リスクヘッジにもなります。

キャッシュバックの財源は私たちがコストとして支払っている「スプレッド」。

キャッシュバック業者を通してGEMFOREX の口座を開設することで、私たちのトレードから業者へ「アフィリエイト報酬」としてスプレッドの一部が支払われます。さらにその一部(というか大部分を)私たちに還元してもらうというのが海外FXの「キャッシュバック」の仕組みになります。

キャッシュバック業者はいくつかありますが、当サイトのオススメは

断然、『TariTali』(タリタリ)

になります。

取引を終えてからキャッシュバック金額が反映されるまでの時間も短いですし、何よりキャッシュバックの還元率が他より高いのでお得です。出金も迅速。

さらには、取り扱うブローカーも厳しく審査していますので、安心して利用できます。

公式サイト:https://taritali.com/

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

※ 2020年8月ぐらいから、キャッシュバック対象口座でもボーナスがもらえるようになりました。豪華なボーナスと、キャッシュバックを同時にお楽しみください。

ただし、証拠金の中のボーナスクレジットの割合だけキャッシュバックも減額されます(例:証拠金の50%がクレジットなら、キャッシュバックも通常の50%)

良いところ:1ロットあたり8ドルの高還元率

さて、TariTali を通してGEMFOREX のオールインワン口座を開設すると、還元率は0.8pips、つまり・・・

EURUSD 1ロット(10万通貨)あたりの取引で8ドル

のキャッシュバックがもらえます。

これは、他と比べてもなかなか魅力的な還元率なんです。

取引量の多いトレーダーであれば、上記のボーナスクレジットをアテにするより、キャッシュバックを貯めるほうが後々お得になってくることでしょう。

悪いところ:5分以内の取引はキャッシュバックもらえない

GEMFOREX ではせっかくキャッシュバック対象の口座にしていても、5分以内の取引はキャッシュバックがもらえません。

かといって、キャッシュバックをもらいたいが為に5分経過するまでポジションの決済を我慢したりしていたら、スキャルピングも失敗してしまうかもしれません。本末顛倒です。

キャッシュバックがもらえることは気にせず、リスクヘッジのつもりで、悠々とトレードに臨みましょう。

アフィリエイト(イントロデューシング・ブローカー)

先述のキャッシュバックサイトはGEMFOREX から「アフィリエイト報酬」をもらっていると書きました。

海外FXのブローカーにとってアフィリエイトは、ユーザーを増やすための常套手段です。

GEMFOREX のアフィリエイトは、実は誰にでも申請できます。

開設したアカウントのマイページに

『パートナー(IB)マイページ』

という項目がありますので、そこをクリックすればアフィリエイト(IB)の登録申請フォームに遷移します。

2020年9月まで、この登録に審査や条件はありませんでした。9月から審査制となりましたので、必要事項を記入してGEMFOREX に審査をしてもらうことになります。

この記事を更新している今はまだ審査制度が始まったばかりで、条件や基準などはわかりません。GEMFOREXを中傷するような記事を書いているブログなどでは、きっと審査は通らないでしょう。

審査が通れば、マイページのほうに紹介用のURLが用意されます。

あなたの紹介用URLをブログやホームページに貼って、そのURLから読者がGEMFOREX に登録してもらえれば、その口座で取引がされる度にあなたへのアフィリエイト報酬が発生するということになります。

ただし、ボーナスを使って取引した分については、アフィリエイト報酬はその割合によって減額されます。取引時の証拠金の中で、自己資金とボーナスクレジットの割合に比例して報酬が発生するということです。(上記のキャッシュバックと同じ理屈です)

  参考リンク:GEMFOREXのパートナー(公式)

5,000円以上のアフィリエイト報酬が貯まれば、翌月5日に支払われます。口座残高にプラスする形での払い出しとなるので、これを出金するもよし、トレードに使うもまたよし、です。

GEMFOREX では上記の通り、魅力的なボーナスや無料のEA/ミラートレードが用意されていますので、他のブローカーと比べても他者様に紹介しやすいから嬉しいですよね。

良いところ:自己アフィリが可能

GEMFOREX のアフィリエイトは、他とは違って「自己アフィリ」が許されています。

つまり、GEMFOREX にパートナー(IB)登録をして発行されるアフィリエイト用URLに、自分でアクセスしてもうひとつアカウントを登録してもいいのです。このふたつめのアカウントで開設された自己アフィリ口座でトレードすれば、ひとつ目のパートナー登録した口座に報酬が貯まっていくということです。

言い換えれば、キャッシュバックサイトを利用する代わりに直接GEMFOREXからキャッシュバックをもらえるようにできるのです。

このことを知っていれば、利用しない手はありません。

① ひとつ目の口座 >> TariTaliでキャッシュバック口座を開設

② ひとつ目の口座でパートナー(IB)登録

③ パートナー登録で発行されたURLから、2つめの口座を開設

これがベストです。

ただし、これら2つの口座のキャッシュバックの還元率は同じではありません。

悪いところ:アフィリ単価が安い

GEMFOREX のキャッシュバックをTariTali 経由で受け取るならば、

EURUSD 1ロット(10万通貨)あたりの取引で8ドル

という高還元率が約束されますが、

自己アフィリのトレードでもらえるキャッシュバックは、駆け出しの場合

EURUSD 1ロット(10万通貨)あたりの取引で2.5ドル

と、かなり低い設定です。

これは、あなたのアフィリエイトによって登録した(紐付けられた)ユーザーの口座残高の合計によってキャッシュバック率が変動するという、いわば出来高制のようなものになっているからです。

【クリックで拡大】

この「アフィリエイト報酬表」を見てわかる通り、獲得ユーザーの合計口座残高が一億円(100万ドル)を超えなければ、アフィリエイト報酬の還元率がTariTaliからもらえる還元率を超えることができません。

始めは、どう考えても、自己アフィリより TariTali のキャッシュバックの方が得であることがわかります。

ここで同時に分かることは、TariTali は「キャッシュバック専用サイト」というビジネスによって多くのユーザーをまとめあげることで、高額の還元率を実現・維持していること。そして、TariTali はGEMFOREX からの報酬の大部分をユーザーに還元してくれているのだということですね。

  関連記事:キャッシュバックはTariTaliが最強とわかる理由5選+@

まとめ

・ GMEFOREX は信頼に足るブローカーで、豪華なボーナスや両方向プラススワップなどの魅力も多い

・ その反面、ストップ狩りやカスタマーサポートの質が気になるなどの点はあるので、メリットと比べて使う価値があるか判断するべき

・ 『EA・ミラートレード使い放題』のサービスは、リストアップされているEA/ミラートレードのランキングに惑わされてはいけない。フォワード実績と、含み損の多寡をよく分析すること

・ ボーナスをもらっているせいでの「出金したくない地獄」、キャッシュバックをもらうために「5分以内でクローズしない」という負の影響を受けないように注意

・ アフィリエイト(IB)は希少な自己アフィリ許可。ひとつ目の口座はTariTali で、そこから自己アフィリ口座を開設するのがベスト。

☆ タシデレFXからのプレゼント ☆

CTA-IMAGE 当サイトのポリシーは『FXで誰もがタシデレ(=幸福)を実現できるようになること』
というわけで、再現性抜群のシステムトレードを無料でおすそ分けしています!
最高月利44%まで叩き出した独自の分析方法を伝授しますので、今までにない斬新な稼ぎ方をぜひお試しください。
手法探しに疲れた初心者さんは必見。
そして、上級者の方もポートフォリオの一環としてどうぞ。

GEMFOREX有効活用カテゴリの最新記事