【マーケット情報】黒田総裁退任後の金融緩和巻き戻しが進む日銀 / 自民党総裁選の結果が為替相場に与える影響について / 他

GEMFOREX両建てスワップの始め方 ー トレード準備編

GEMFOREX両建てスワップの始め方 ー トレード準備編

(2020年3月8日追記) GEMFOREXのスプレッドが不安定になっています。コチラの記事も合わせてご参照ください。
 >>何が起きてるGEMFOREX?両建て手法はしばらく様子見。

前稿から始まりました、GEMFOREX両建てスワップトレードの大枠をまとめていくシリーズ、その第2回目となります。

前稿はこちら >> GEMFOREXの両建てスワップ手法で月利10%のハイリターンを狙え

<目次>
1.元来の片張りスワップ手法とGEMFOREX両建てスワップの違い
2.GEMFOREX両建てスワップで期待できる収入
3.GEMFOREX両建てスワップの始め方 ー トレード準備編(本稿)
4.GEMFOREX両建てスワップの始め方 ー トレード開始編
5.GEMFOREX両建てスワップの利益確定の仕方

本稿では、この手法を始めるにあたっての、トレード開始までの準備についてまとめていきます。

私が実践してきた中でわかった、資金効率を最大化する「コツ」や、強制ロスカットを食らわないための資金管理などについても書いていきますので、お見逃しなく。

3.GEMFOREX両建てスワップの始め方 ー トレード準備編

どうしてGEMFOREXがいいのか?

私が実践している両建てスワップトレード、そもそもどうしてGEMFOREXじゃないといけないのか、その理由をまず簡単に書いておきましょう。

・ スワップポイントで稼ぐことをGEMFOREX自らが推奨しており、他社ではあり得ない両方向でのプラススワップを提供している通貨ペアがある

・ 豪華なボーナスで資金効率がとても良い

・ 平常時のスプレッドが固定されており、時間差ゼロでの両建てが可能

・ゼロカットシステム採用で、口座残高がマイナスになってもゼロに戻してくれる(借金にならない)

色々とありますが、ひとつ目の『両方向プラススワップ』つまり買いポジションでも売りポジションでもプラスのスワップがつくという条件が、最大の理由ですね。

他の項目についても、本章と次章を読み進めていただくことでその有用性がわかることでしょう。

アカウントの取得条件はボーナス2万円

まずは何はともあれ、GEMFOREXのアカウントを取得して、口座を開きましょう。

しかし、まだ急がないで!

次の手順の通りにやってください。こうすることで、トレード資金を最大限活用することができます。

1.20,000円の口座開設ボーナスがもらえるタイミングでアカウント登録
2.本人確認書類を提出(マイページから画像でアップロード)
3.100%入金ボーナスのキャンペーンの当選を待って、入金

※ ボーナスがもらえる口座タイプは『オールインワン口座』のみになります。

初めてGEMFOREXを利用される方であれば、登録するだけでトレードに使えるお金(出金はできない)=ボーナスクレジットをもらえます。コチラのリンクからGEMFOREXのキャンペーンページを開いて、いま行われているボーナスキャンペーンを確認してください。

 >> GEMFOREX キャンペーンページ

GEMFOREXへ新規口座開設頂いた方に20,000円ボーナスプレゼント!

というキャンペーンをやっていれば『リアル口座開設』に進みます。だいたい、ひと月のうちの2/3以上はこのキャンペーンをやっているはずです。

もしもボーナスの額面が20,000円(もしくは$200)よりも少なければ、何日か待ってみましょう。数日後には20,000円のキャンペーンが始まるはずです。

年に何度か30,000円($300)のキャンペーンもあるようですが、これに当たればラッキー。即、登録しましょう!

登録だけであれば、名前とメールアドレスだけの簡単なフォームで2分で完了です。

本人確認書類は、マイページから後日ゆっくりアップロードしてください。

登録時に、口座を運用するベースの通貨を選択することになります。

日本円建ての方が分かりやすいかもしれませんが、私と同じEURUSDでスワップを貯めていくのであれば、ベース通貨は米ドル建てにしておくことをオススメします。貯まっていくスワップポイントは米ドルで付与されるので、日本円建てにすると自動で為替計算されたものが付与されるからです。後で確認の計算をするような方には、米ドルのままで表記されるほうが便利でしょう。

やっぱり日本円で見せてもらったほうが安心する、という方はもちろん、日本円建てにしておいても運用に問題はありません。

ちなみに、口座の通貨を米ドルに指定していても、日本円での銀行振込やクレジットカードで入金することはできますのでご安心ください。為替計算されて、口座上では米ドルになって反映されることになります。

100%入金ボーナスの活用は必須

次に、100%入金ボーナスというキャンペーンがありますので、これを待ちます。1万円入金すれば1万円のボーナスクレジット、100万円入金すれば100万円のボーナスクレジットがもらえるという、太っ腹なキャンペーンになります。

だいたい、月に1〜2回ぐらいのペースでやっていますので、毎日GEMFOREXのサイトで確認してみましょう。ログインしなくても、トップページでわかります。

基本的には「○○万円ボーナスキャンペーン」が終わったと同時に、翌日から「100%入金ボーナスキャンペーン」が始まることが多いです。・・・が、ときどき何の都合か、○○万円ボーナスキャンペーンを途中で中断して100%ボーナスキャンペーンが始まったりすることがあります。なので、開始時期は少しイレギュラー。

ちなみに、これらのボーナスはトレードにだけ使えます。出金して現金に替えることはできません。このボーナスを元手にトレードをして利益が出たら、利益分は出金することが可能です。

で、100%ボーナスキャンペーンの期間中は、GEMFOREXにアカウントを開設している人を対象に抽選が行われます。マイページを開いてみて、『100%ボーナス当選しました!』というバナー

が出ていれば、その日のうちに銀行振込した金額に対して、同額のボーナスクレジットが付与されます。

抽選は毎日行われるので、期間中毎日当選することもあれば、一度も当選することなくキャンペーンが終わってしまうこともあります。

まあつまり、あらかじめ登録して口座を開設しておかないと、100%ボーナスに抽選されることもないので、その前に登録しておきましょうということです。

また、どうせなら20,000円/200ドルのボーナスクレジットがもらえるときに登録して、もらえるモノはもらっておきましょう。

ボーナスクレジットに関しての注意を3点

注意1)ボーナス対象外の口座がある

こうしたお得なボーナスなのですが、ある特定のサイト(キャッシュバックサイト)を経由してGEMFOREXの公式サイトに来て口座開設した場合は、ボーナス対象外になってしまいます。

心配な方は下のリンクをご利用ください。下のリンクからGEMFOREX公式サイトへ行けば、ボーナスの対象である扱いになります。

 >>GEMFOREX 口座開設ページ リンク

注意2)100%入金ボーナスの対象は銀行振込だけ

口座への入金については、銀行振込の他、クレジットカードや一部の仮想通貨などにも対応しています。本来であれば、100%入金ボーナスに当選していれば、いずれの入金方法でも100%のボーナスがもらえるのですが、2019年12月には、銀行振込による入金だけが対象となってしまったときがありました。

これでは、銀行振込以外の入金では、せっかくの100%入金ボーナスは50%だけの適用になってしまいます。

こりゃヤバいわ〜、と思っているとその次の同キャンペーンのときにはいずれの入金方法でも100%ボーナスということに戻っていたので、、、今後はそのキャンペーンの度に詳細をよく読まなければわからないという状態になりました。

とりあえず、銀行振込であれば無難に100%ボーナスを享受できると思いますので、せっかく日本にいらっしゃる皆さんは、銀行振込を活用するようにしていただければと思います。

注意3)一度でも出金するとボーナスクレジットは消えてしまう

これが、ボーナスに関しての最重要な注意点です。

ボーナスクレジットとしてトレードにのみ利用できる(証拠金扱いとして提供される)このボーナス、一度でも出金すると全て消失してしまいます。それも、手持ちの口座の全てのボーナスクレジットが消失します。

ついでにいうと、口座間の資金移動で、ノースプレッド口座への資金移動でもボーナス消失します。ノースプレッド口座を併用されている方はこちらもご注意ください。

よっしゃ、10万円入金して、10万円分のボーナスクレジットをもらって、そのまま10万円出金したらタダでトレードできるぜ〜、という考えの人は言語道断として、、、

注意していただきたいのは、利益分のお金を口座から引き出そうというときです。

利益だけを引き出すつもりが、その瞬間にボーナスクレジットも消失してしまいますので、その次のトレードの証拠金がその分なくなってしまいます。

それだけではありません。

口座Aから出金することで、ポジション保有中の口座Bのボーナスまで消えてしまうのです。この瞬間、証拠金が足りなくなってあえなくロスカット、ということも考えられます。

この対策については、『利益確定』の章で書きますので、とりあえずはこんなことがあるのだと頭に入れておいて、早まった利確/出金をしないように気をつけてくださいね。

トレードするためにはMT4

あと、FXのトレードをするためにそのプラットフォームを用意しないといけません。ウェブ上で通貨を買ったり売ったりするわけですが、それ専用のフォームがあるのです。

GEMFOREX公式サイトから、MT4というチャートソフトをダウンロードしてください。

 >> GEMFOREXのプラットフォームについて

FXをまだ体験したことのない方であれば、PCで見るよりもスマートフォンで見る方がシンプルで分かりやすいと思いますので、私はスマホ携帯のアプリをご利用になることをオススメします。

以下、本稿および引き続きのシリーズでは、私の使っているiPhoneのMT4アプリでの操作方法でご説明していきます。

既にMT4に馴れている方であれば、使い慣れているものをご利用ください。

必要資金の計算

トレード準備の最後に、いくらのお金を必要とするかを考えましょう。

ちょっと複雑に見えるかもしれませんが、算数のレベルですのでついてきてくださいね。この手法の、最重要部分でもあります。

先述のとおり、GEMFOREXでのEURUSDの通貨ペアには、平常時で1.2pipsのスプレッドコストが発生します。

1ロットずつ計2ロットの両建てであれば、時間差ゼロで両建てポジションを取った瞬間に24ドルの含み損が計上されます。単純に言って、あなたの口座に24ドルが入ってなければ、この時点でドボンです。(実際にはいくらかの余裕が必要です)

平常時で1.2pipsのスプレッド、と書きましたが、平常時でないときがあります。世界の要人発言や経済指標の発表で、世界中の投資家が激しく売り買いをするような時です。この瞬間は、スプレッドがかなり大きくなります。それこそ3pipsとか5pipsとか、ひどい時は8pipsとか・・・!

また、逆に相場が極端に静かなとき、つまり投資家が売り買いせずに、値動きが極端に無くなっているときもスプレッドが拡大します。これは実は毎日起こっていて、日本の早朝にあたる時間にそのタイミングがあります。これは、世界の主要な取引所があるニューヨークも、ロンドンも、日本も、全て営業時間外になってしまうタイミングだからです。

こうしてスプレッドが広がっているとき、あなたの口座含み損もその分、拡大しています。

スプレッドが1.2pipsのときに24ドルの含み損があるのであれば、スプレッドが2.4pipsになれば含み損は48ドルになります。瞬間的なものですが、このときにあなたの口座に48ドルがなければ、強制決済されてトレード終了、含み損のマイナス分が実際の損失として強制的に確定されてしまいます。(・・・と、いうイメージです。実際には強制決済のリミットは早いので、もっと資金に余裕をとらないといけません)

強制決済されると、口座にあるお金の中からかなりの割合で損失を出してしまうので、もうトレードに戻って来れなくなるかもしれません。・・・とはいえ、仮に口座残高以上の損失が出たとしても、GEMFOREXは負債を請求してきたりしませんので、そこはご安心ください。これが、海外FXのいくつかの会社が提供している『ゼロカットシステム』というサービスです。

話題を戻しましょう。

ではでは、いったいどこまでスプレッドが広がっちゃうのでしょうか??

私は5月から今日までの約8ヶ月、毎週末のトレード時間外におけるスプレッドの拡大具合を記録してきました。つまり、まあ、日曜日に固まっているスプレッドを定点観測してきたわけです。

それによると、この約8ヶ月間での実績では、EURUSDのスプレッドが最も大きく広がったのは、8.4pipsでした。何度か8.4pipsを打って、それ以上広がらなかったので、おそらくはこれが最大となる設定になっているのかもしれません。

1ロットずつ計2ロットでの両建てとしている上記の例でいえば、8.4pipsまでスプレッドが広がった瞬間の含み損は168ドルにまで上昇します。

私の資金管理は、これよりさらに余裕をとって、15pipsまでのスプレッドに耐えられるように想定してトレードしています。

つまり、スプレッド15pipsのとき、含み損は300ドル。必要資金を、単純にこの数字で考えます。

これは2ロットの場合でしたね。口座リミットいっぱいの、15ロットずつ計30ロットでの両建てをすれば、スプレッド15pipsのときに4500ドルの口座残高が必要という計算になります。

4500ドルなんて、ハードルが高過ぎ〜〜〜〜〜!

私だって、始めからそんなにたくさんの資金を出せません!

そこでありがたいのが、先ほどの100%入金ボーナスですね。

キャンペーン中の当選日に2250ドルの銀行入金をすれば、GEMFOREXからも2250ドルのクレジットが付与されて、利用できる口座残高は合計4500ドルになってしまいます。

200ドルの新規口座開設ボーナスももらっておけば、さらにお得で安全ですね!

資金計算の基準値を決める

ちなみに、今日現在のEURUSDスワップポイントの設定では・・・

1ロットずつ計2ロットの両建てでもらえるリターン(スワップ)は、1日あたり0.5ドル。

30日で15ドル。

これが、自己資金150ドル+100%ボーナス150ドル=合計300ドルが稼ぎ出す成果。

この数字を基準に、あなたが投資したい金額、リターンの金額を考えてみてくださいね。

例えば、5万円ぐらいで試してみようか、と思えば、、、、

約5万円を入金して米ドルで450ドルの自己資金+同額のボーナス=合計900ドルでの有効証拠金。
上記の基準のちょうど3倍なので、3ロットずつ計6ロットの両建てが可能。
30日で貯まるスワップ収入は45ドル=約5000円、、、

といった要領での計算ができるようになりました!

200ドルの新規口座開設ボーナスも計算に入れると、計算がめんどくさいので早見表にまとめておきました。

はじめに48日間の我慢期間が発生するとはいえ、その後は投資金額の10%のリターンですよ?これは、やらないわけにはいきませんよね。

48日間の初期含み損期間については、前稿『GEMFOREXの両建てスワップ手法で月利10%のハイリターンを狙え』で説明しています。

ちなみに、30万円の拠出ができるのであれば、ノースプレッド口座を利用して9日間〜12日間まで含み損期間を縮めることも可能です。ただし、ボーナスはもらえません。

本シリーズ第4稿『GEMFOREX両建てスワップの利益確定の仕方』に詳しく書きますので、ご参照いただき、ご判断ください。

FXは投資です。

なお、トレード開始前にもうひとつお伝えさせてください。

FXは投資です。特に、このGEMFOREX両建てスワップ手法はギャンブル要素は非常に少なく、計算の上で成り立っている投資です。

しかし同時に、FXでもあります。

FXが相場によって成り立っている以上、急激な変化によって予想外の事態が発生してしまうこともあります。

ですので、私の説明では調子の良いことを書いているように見えますが、万が一の事態で口座資金が吹っ飛んでしまう可能性もゼロであるとは言えません。

このリスクは覚悟の上で、GEMFOREX両建てスワップ手法をお試しください。

まあ、とはいえ、脅すつもりはありません。そういう異常事態相場は何年かに一度やってくる程度です。

万が一、明日そのような異常相場で投資元本が飛んでしまったとしても、本手法はGEMFOREXがスワップポイントを現状維持している限り年率100%以上の成果が出ますので、続けていれば失った投資元本を取り返すことは十分可能な見込みです。続けることが、大事。

まとめ

・ GEMFOREXの『新規口座開設ボーナス』と『100%入金ボーナス』は必ず獲得するようにしましょう

・ ボーナス対象外の口座にならないよう、コチラのリンクから飛んで口座を開設
   >> GEMFOREX口座開設ページ 

・ トレードのプラットフォームになるMT4をダウンロード。以下、このまとめ記事ではスマホ(iPhone)のMT4で操作を説明

・ 投資のロット数を決める。基準は ☆ EURUSD想定最大スプレッド15pipsとして  ☆『証拠金300ドルあたり1ロットずつ計2ロットの両建て』 — が可能

・ TariTali x ノースプレッド口座 で含み損期間を最短9日まで短縮可能。ただし、ボーナスは付与されない。

・ 急激な為替相場の変動で投資元本を失う可能性もあるという投資本来のリスクは排除されない

☆ タシデレFXからのプレゼント ☆

CTA-IMAGE 当サイトのポリシーは『FXで誰もがタシデレ(=幸福)を実現できるようになること』
というわけで、再現性抜群のシステムトレードを無料でおすそ分けしています!
最高月利44%まで叩き出した独自の分析方法を伝授しますので、今までにない斬新な稼ぎ方をぜひお試しください。
手法探しに疲れた初心者さんは必見。
そして、上級者の方もポートフォリオの一環としてどうぞ。

GEMFOREX有効活用カテゴリの最新記事