【マーケット情報】 国際社会には明かせない日米金融当局の緊密な関係  / 米大統領選「確トラ」か、懸念される日本の国際的孤立 / 他
2022年5月収支(EA)

Sell in May (5月の売り)の格言の通り、USDJPYの先月までのトレンドを利確するように、大きな調整が入りましたね。EURUSDも、また。

というわけで、トレンド派のEAにはちょっと苦手な相場となった5月の収支をまとめます。

ナンちゃんピンちゃんユーロポン

5月後半はEURとGBPの綱引き状態になってトレンドレスに。そのおかげか、よくエントリーしてよく利確してくれました。

6月からは1時間足も4時間足と同じく0.03ロットにします。

これで収入もさらに上がるはずですが、ちょっとリスクを取りすぎなので、しばらくはこの設定で続けてみたいと思います。

証拠金が増える前に破綻しないことを祈るばかり。

安全圏は証拠金1,500〜2,000ドルくらいかな。4〜6ヶ月ぐらいで、いけるかな。

  関連記事:【ナンちゃんピンちゃんユーロポン】ナンピン・マーチンなのに安定資産を築ける優良EA

<リアルタイム収支>

<リアルタイム公式フォワード>

複利EAチャンプルー

5月にドローダウンを重ねていたEAは稼働を停止し、代わりに『Tokyo Fixing USDJPY je』と、そのおまけEA『Hyper Booster AUDNZD』を投入しました。

おかげで収支は改善。6月には利益を更新しそうです。

5月のMVPは上記の新EAではなく、古参の『gotobi』でした。

6月もUSDJPYはガッツリ上昇トレンドだと思っているので、仲値アノマリーEAが大きく稼いでくれることでしょう。

  関連記事:gotobi 暫定年利80%!?絶好調のアノマリーEAに3つの疑問をモノ申す

<リアルタイム収支>

<参考:gotobi 公式リアルタイム>

Tokyo Fixing 1万円チャレンジ

凄いEA見つけたで〜〜! ・・・と、興奮気味に開始した『Tokyo Fixing USDJPY je』の1万円チャレンジ。

  関連記事:【特典あり】自動売買『Tokyo Fixing』で1万円チャレンジはじめました!

これは、毎月2倍、3倍になっちゃう?と過剰な期待をしていたわけですが、初めはうまく稼働してくれませんでした。

原因を突き止めるのに1週間ぐらいかかってしまったわけですが、どうやら複利モードでは0.01ロット未満の計算になるとエントリーしてくれないことがわかりました。

設定し直してようやく本格始動かと思いきや、・・・調子悪い?

公式のフォワードも5月の成績はイマイチの様子。

まあ、6月からの爆発に期待しましょう。

1万円チャレンジの始まりはじまり〜

  関連記事:唆るぜこれは!最強を超えた仲値EA【Tokyo Fixing】☆爆 誕★

<リアルタイム収支>

<リアルタイム公式フォワード>

☆ 専業主婦の勝ち逃げ手法☆

この手法は小学生でも覚えられるほどシンプルだそうです。 サインツールやエントリーポイントを見極める裁量のスキルだけに頼っていてはずっと勝てません。 その考え方はもう捨ててください。 これは、驚くほどにシンプルな手法。 わたしたち、素人トレーダーだからこそできることがあります。 ずるがしこい手法で勝ち逃げするトレードに興味がある方は覗いてみてください。

収支記録カテゴリの最新記事