【マーケット情報】 国際社会には明かせない日米金融当局の緊密な関係  / 米大統領選「確トラ」か、懸念される日本の国際的孤立 / 他
2023年11月収支(自動売買&ソーシャルトレード)

ついに2023年も残すところ1ヶ月となりました。

為替介入でビクビクしていた円安相場は、米ドルの自滅?早めので救われた様子。

私は私で、コピートレードに限界を感じたので、11月には撤退を決めることになりました。

詳しくは、本編↓で!

低リスク・ナンピンセット

  関連記事:【購入希望につき】最高のナンピンEAオーディションで大激戦!

Land-FXの利用は控えようかと、月初からEAの稼働停止に取り掛かって・・11月15日にようやく最後のポジションが決済。全てのEAを止めて全出金しました。

・・が、引越し先のブローカーも決められず、あれよあれよでドル円も下げてきたので、結局はLand-FXの別のドル建て口座に再入金することになりました。

100%入金ボーナスを使っているので、入金1,000ドル+ボーナス1,000ドルで合計証拠金は2,000ドル。出金前より証拠金は増えました。まあ、そのための出金再入金を繰り返しているわけですけど。

引っ越しは、継続模索案件に。

とゆうわけで、これまでの成果!

<第4ラウンド>
2023年 8月 2日 入金 80,000円
2023年11月15日 出金167,958円(銀行着金は163,496円)
 → 3.5ヶ月で8万円ちょいの成果

<第1〜4ラウンド 全体>
2023年11月01日 入金74,003円
2023年11月出金後 純益303,504円
(銀行着金ベース/初期投資金額差し引き後の純利益)
 → 1年間で412%増の成果

このうち、1,000ドル(152,145円)を次の口座に入金し、11月1日から運用を開始しています。

で、8月2日〜11月15日までの運用で、最も稼いでくれたのは「Turn Up EA(ターン・アップEA)」でした。利益30,515円

ちなみに、この1年で確認できたドローダウンの最大値は、5〜6万円程度だったと思います。悪くないですね!

<リアルタイム収支>

<参考:Turn Up EA (ターン・アップEA) リアルタイム公式フォワード>

EA-Bank ハイブリッド・ポートフォリオ

  関連記事:【EA-Bank】低リスクEAのハイブリッドポートフォリオを公開します

先月(10月)は好調を発揮してくれたハイブリッド・ポートフォリオ。

11月はギリギリでプラス収支でした。

非ナンピンEAの滑落を、ナンピンEAが上手にカバーしてくれたということ。狙い通りです。

これで12月に非ナンピンEAが好調に転じれば、この金額から複利効果を発揮してくれます。

なお、当ポートフォリオ構成EAの中で11月のMVPは、またしても「Turn Up EA(ターン・アップEA)」でした。月間利益4,575円。

え、利益が少ない?ハイブリッド・ポートフォリオではナンピンEAは破綻リスクを下げるべく、ロットは控えめにしております。

なお、現在は「Morning Buyer」が先日のドル円急降下の影響で含み損を膨らませています。これがなければ「Morning Buyer」がMVPを獲れるパフォーマンスだったようですね。

この含み損もやがて回収されるでしょう。心配していません。

EA-Bankが公式に計測・公表しているフォワードも確認してみてください。

<リアルタイム収支>

<参考:モーニング・バイヤー ゴゴジャン版リアルタイムフォワード>

ゆっくり複利EAセット

「3歩進んで2歩下がる」ゆっくり複利のコンセプトでございます。

11月は良い感じでプラス収支になりました。

MVPは、無料特典でもらった「Tuner Owner」です。実はこの子、同じ製作者の「ユーティリティ・プレーヤー」と同じようなトレードをして、しかももっと成績が良いのです。・・・販売すればいいのに。

でもまあ、今月は「ユーティリティ・プレーヤー」もMVP氏と100円の差もないほど稼いでいます。調子がいい時は、本当に頼りになるEA。

<リアルタイム収支>

<参考:ユーティリティ・プレーヤー リアルタイム公式フォワード>

コピートレード・ソーシャルトレード(3社)

  関連記事:【投資系不労所得FX】運用中のコピートレード4社+1のリスク分析を解説

いや〜。

懲りました。

上記の記事で書いているコピートレード(ソーシャルトレード)の期待度は間違っていないのですが、リスク管理が甘かったです。

とゆうのも、自分の証拠金に合わせてストラテジーを選んでいても、これでは不十分であることがわかりました。

コピー元のストラテジーが大きなドローダウンを喫した時には、彼らは資金を注入して証拠金を増やすのでした。そして、危機を乗り切ったその後、何食わぬ顔で、緊急注入した資金を出金している。

そんなパターンが多くて、フォロワーである私は追加資金が間に合わなかったり、そもそも追加するための資金がなかったりで、結局は私(フォロワー)だけが証拠金不足で強制ロスカットになるのでした。

これはちょっと、やりづらい。

コピートレードをするなら、フォローしたいストラテジーの10倍程度の証拠金を用意があれば、運用する勝ちがあるようだと学習した次第でした。

とゆうわけで、私はしばし、コピトレからは撤退して資金を別に回したいと思います。

以下、11月の各コピトレの収支を記録しておきます。

HFコピー

「Overcomer FX」に引き続き、「Overcome FX Auto」も少額からの爆死を繰り返したのち、休眠なさいました。

この2つだけは、上記で記載した「大きなドローダウンで資金注入」するようなストラテジーではありませんでした。うまくいかなければ、爆死して少額からやり直す。フォロワーにとってはその方がずっと良かった。

で、「OvercomerFX」で損をしたかというとそんなことはなく、キャッシュバックでしっかり元本は回収しました。

もう他に、私がフォローしたいと思えるストラテジーがないので、残額は出金して終わりとします。

EXNESS ソーシャルトレード

月末のゴールド急騰で、ストラテジーがひとつ爆死。

かなりの信頼を置いていたストラテジーだったので、これはまた、なかなか難しいもんだと感じました。

ただ、EXNESSの場合はこれまでストラテジーが稼いでくれた利益は自動的に(おサイフへ)出金されているので、今回の爆死は大きな損失にはなりませんでした。

こうゆうところは、EXNESSのシステムは他のソーシャルトレードよりしっかりしています。ストラテジープロバイダーの情報の多さも。

こちらも、現在運用中のストラテジーの含み損が回収でき次第、終了して出金かなと考えています。

投資金額は損が出ていますが、150ドル程度。10ヶ月ほど運用して、この程度の損失で済んだのはむしろ良い勉強代と言えますね。

IC Markets ソーシャル

ついに、「Asahina Risa fee 10%」でもロスカットとなってしまいました。

いや、ストラテジープロバイダーである「Asahina Risa fee 10%」はドローダウン時に資金を注入していたので、きちんと利確まで乗り切っています。私の方が、含み損に耐えられずにポジションを解消されてしまったのでした。

世知辛〜。

いや〜、IC Marketsのソーシャルトレード、とゆうかペリカンでは結構な金額を失ってしまいました。

こんなはずじゃなかった・・・。

これにて撤退。

次は、大きな証拠金が用意できたら再チャレンジします。

さようなら。

☆ 専業主婦の勝ち逃げ手法☆

この手法は小学生でも覚えられるほどシンプルだそうです。 サインツールやエントリーポイントを見極める裁量のスキルだけに頼っていてはずっと勝てません。 その考え方はもう捨ててください。 これは、驚くほどにシンプルな手法。 わたしたち、素人トレーダーだからこそできることがあります。 ずるがしこい手法で勝ち逃げするトレードに興味がある方は覗いてみてください。

収支記録カテゴリの最新記事