【マーケット情報】 国際社会には明かせない日米金融当局の緊密な関係  / 米大統領選「確トラ」か、懸念される日本の国際的孤立 / 他
2022年8月収支(EA)

8月はなんというか、散々な1ヶ月でした。

アノマリーが効きにくい相場状況なのか、はたまたボラティリティがいつもと違うのか。

全体的にドローダウンが目立ったようです。

ナンちゃんピンちゃんユーロポン

公式ページ↓の「ナンちゃんピンちゃんユーロポン」のフォワード計測は4時間足。8月のエントリーはかなり少ないようでした。

  参考リンク:ナンちゃんピンちゃんユーロポン(GogoJungle)

当方の運用では4時間足に加え、1時間足でも設定しています。

1時間足チャートではリスクは高くなりますが、こちらは8月もよく稼いでくれました。

そして・・・8月末から売りポジションが大きなドローダウンにつかまりました。0.03ロット設定で、最大ドローダウン −450ドル程度。(現在も進行中)

ジャクソンホール会議の影響か、はたまたノルドストリーム停止騒動のためか。EURGBPは一直線に急上昇中です。売りナンピン利確できず。

一方の公式ページでは、今日現在で含み損ー200円程度。

1時間足チャートのリスクの高さが顕著に出てしまうと同時に、デフォルト設定の安全性がよくわかってしまいました。

  関連記事:【ナンちゃんピンちゃんユーロポン】ナンピン・マーチンなのに安定資産を築ける優良EA

<リアルタイム収支>

<リアルタイム公式フォワード>

複利EAチャンプルー

実は、7月下旬には証拠金1,000ドルまで膨らんだのですが、それから「ユーティリティ・プレイヤー」が損切りの嵐。7月末日には800ドルほどまで目減りして、ついには300ドル未満まで・・・。

今のUSDJPYのボラティリティは「ユーティリティ・プレイヤー」にとって毒なのでしょう。稼働を一時停止しました。

主力の「gotobi」は一度は100pipsを超える大きなトレードをやってくれましたが、勝ったり負けたり、結局、月間で35pips 程度しか稼いでいませんでした。

公式フォワードは、すごく調子が良いように見えますけどね。

  参考リンク:【gotobi】 損小利大!リスクを抑えて安定感抜群の仲値EA(お宝EA探検隊)

<リアルタイム収支>

<参考:gotobi リアルタイム公式フォワード>

Tokyo Fixing USDJPY je1万円チャレンジ

1万円チャレンジ、進みませんね〜。

8月も「Tokyo Fixing USDJPY je」は停滞期。

エントリーは、相変わらず多いです。それでも大きくドローダウンせずに、虎視眈々と得意相場を待っている姿勢には好感を覚えます。

9月は早速、ジャクソンホール会議の影響で1ドル140円を超えましたね。ここからまた上昇トレンドがついたら、9月は大きく利益を伸ばしてくれるのではないかと期待が高まりますね。

GBPJPYの「英神楽」三姉妹もね。

  関連記事:【特典あり】自動売買『Tokyo Fixing』で1万円チャレンジはじめました!

<リアルタイム収支>

<リアルタイム公式フォワード>

☆ 専業主婦の勝ち逃げ手法☆

この手法は小学生でも覚えられるほどシンプルだそうです。 サインツールやエントリーポイントを見極める裁量のスキルだけに頼っていてはずっと勝てません。 その考え方はもう捨ててください。 これは、驚くほどにシンプルな手法。 わたしたち、素人トレーダーだからこそできることがあります。 ずるがしこい手法で勝ち逃げするトレードに興味がある方は覗いてみてください。

収支記録カテゴリの最新記事