【マーケット情報】シーズナルサイクルが全くワークしない今年の8月相場~果たしてこれをどう見ればいいのか / 8月相場から一旦撤退して様子見を決め込むファンド激増~彼らはこの先の相場をどう見立てているのか / 他

gotobi 暫定年利80%!?絶好調のアノマリーEAに3つの疑問をモノ申す

gotobi 暫定年利80%!?絶好調のアノマリーEAに3つの疑問をモノ申す

GogoJungleの システムトレード(自動売買)の中で、この頃よく好成績が目立っているジャンルが「東京仲値アノマリー」をロジックにしたEAです。

代表的なEAをひとつ、こちら↓の記事でレビューしておりますので、ご参照ください。

  関連記事:アノマリーマスターEAは実需で稼ぐ!4ロジック搭載で年利75%

『アノマリーマスター』も実力派ですが、本稿でご紹介する『gotobi』も、負けず劣らずの優秀なEAです。

レビューを見比べてみて、是非どちらかのEA はあなたのポートフォリオに組み込んでいただきたいオススメの逸品。

もちろん、私も稼働しています。

<『gotobi』はこのような人にオススメです>

・テクニカル要素を抜きにして、純粋にアノマリーだけで勝てるEAが欲しい人

・ダラダラと含み損を抱えず、それでいて高いパフォーマンスが期待できるEAが欲しい人

・パラメーター設定を自由にアレンジして、常にパフォーマンスを最適化させたい人

・自動売買のポートフォリオに独特なロジックのEAを加えたい堅実派な人

gotobi の特徴と基本スペック

gotobi 自動売買

ロジックとパラメーター

gotobi のロジックは実に単純です。

ゴトー日の指定時間にエントリーして、指定時間に決済する。

これだけです。

ゴトー日というのは、日本の古来からの商習慣で企業間の決済が集中する「5」と「0」のつく日です。

海外企業への決済にもこのような商習慣を持ち込むので、決済のためにゴトー日の為替注文が多くなります。このため、東京仲値の時間に向けてドル円が上昇する傾向があると言われています。

「仲値」や「ゴトー日」についてご存知ない方は、『アノマリーマスター』の記事で解説しておりますのでご一読ください。

  関連記事:『アノマリーマスター』のアノマリー と4つのロジック

『gotobi』デフォルト設定のフォワードテストでは日本時間の00時00分に買いエントリー、09時55分に決済をしています。

これだけで優秀な成績を出しているのだから、不思議ですごいですよね。

ただし、ゴトー日のうちの、祝日などで銀行が休業している日は直前の営業日で前倒しして稼働するようになっています。

12月25日のクリスマスだけは特別措置がありますが、ここでは割愛します。公式ページでご確認ください。

損小利大 × 高勝率

9ヶ月半のフォワード実績では、

  平均利益:15,661円 

  平均損失 : −8,300円

なんと利益が損失の1.9倍もあります。

バックテストを見てみると、16年半のテストで

   平均利益:259.46ドル

  平均損失: −222.12ドル

これだけ長期のバックテストでこの成績なら、悪くないですね。

もちろん、リスクリワードが良くても勝率が低ければ意味がありません。

気になる勝率はというと、フォワード実績で68.63% となかなかの数字。バックテストでの勝率も61.86%と優秀です。

ゴトー日に時間を決めてトレードするだけでこんな数字が出せるなんて、アノマリー恐るべし・・・ですね。

スプレッド耐性に余裕あり

先述の通り、公式バックテストの平均損益は次の数値でした。

  平均利益:259.46ドル

  平均損失: −222.12ドル

このデータのスプレッドの設定は0.5pip となっていました。

エントリーは1ロットなので、1pipの差で10ドルの損益が変動します。

ということで、上記の平均利益と平均損失の差は37.34ドル=3.7pips 相当だといえます。

もしも設定のスプレッドが1.5pips 大きくて2.0pipsでのバックテストだったとすると、損益は次のようになっていたはずです。

  平均利益:244.46ドル

  平均損失:237.12ドル

その差、なお7ドル = 0.7pip相当の余裕があります。

フォワード実績の方は少しややこしくなって、複利仕様なのでロット数が増え続けており一定ではありません。

  平均利益:15,661円

  平均損失: −8,300円

その差、7,361円。

1ロットエントリーであれば7.3pips 相当の余裕があることになります。

平均とって仮に1.2ロットだったとしても、ざっくり6~6.5pips相当の余裕があります。

ということは、スプレッドが3pipsぐらいあっても余裕でプラス利益になっていたことでしょう。

USDJPY のスプレッドが3pips もあるブローカーなんて、聞いたこともありませんね。スプレッドには耐性があるので、どこのブローカーでトレードをしても損はしなかったでしょう。

もちろん、スプレッドの低いことはそのまま利益に直結しますが、あとはボーナスなども考慮してリスクの低いブローカーで運用することを考えるといいでしょう。

低資金から運用可能 〜 利益率は驚異の年利80%越え!

GogoJungle のシステムトレード(自動売買)のフォワードデータには、「推奨証拠金」という項目があります。

フォワード実績で得た 最大ドローダウン や ロット数 から、安全な初期証拠金を算出してくれているものです。

で、『gotobi』はフォワード期間9ヶ月半にして最大ドローダウンは69,513円、推奨証拠金は678,895円となっています。

しかしてこれは、1ロット(10万通貨)からのポジションで運用している場合です。

もしも0.01ロットで運用していれば、上記の100分の1になります。

つまり、0.01ロットなら最大ドローダウン がたったの695円 、そして・・

推奨証拠金は6,789円

ということに。低予算で運用できるし、資金に余裕があるなら少しリスクを上乗せして利益率を上げる余地もあるでしょう。

ちなみに、フォワード上では100万円から開始の証拠金が9ヶ月半で143万円になっています。1年かければ、利益50万円といったペースですね。

資金10万円で0.1ロットから始めれば、1年で15万円に。

資金1万円で0.01ロットから始めれば、1年で1万5千円に。

複利で回せば、5~6年後には10倍になっている計算になります。

低予算でこれだけ回せるEAは、十分かなり結構なかなか優秀です。

仮に上記の推奨証拠金の通りの初期証拠金で運用していたとしたら、

9ヶ月半での収益が63.96%なので、1年間に換算すると・・・

暫定年利 = 80.79%

さらに、海外FXで100%入金ボーナスをもらえば証拠金が2倍にできるので、利益率はそのまま倍になって・・・

暫定年利 = 160%

これを複利モードで伸ばしていけることを考えると・・・夢が広がりますね!

ブローカーに縛られない

『gotobi』はいくつかのアップデートを経て、業者に縛られない仕様になりました。

この種の「東京仲値」のアノマリーで運用するEAというのは、普通はサーバー時間の指定があります。

特定のサーバー時間と夏時間でロジックを組んでいることが多いからです。

類友のEA『アノマリーマスター』の時間条件は、「サーバー時間がGMT+2時間」かつ「夏時間はアメリカ式でGMT+3時間」という縛りがありました。

で、我らの『gotobi』はというと、なんと業者のサーバー時間とGMTの差を入力するパラメーターがあります。夏時間(米式)を適用するかどうかの設定もあります。

これにより、MT4 の時間が何時であれ、パラメーターで設定することが可能になりました。

スプレッドやボーナスなどの条件を比べて、より有利な業者を選択することができます。

ちなみに、私のオススメは 「 LAND-FX」 ですね。

スプレッドが小さく、100%入金ボーナスがもらえて、しかもキャッシュバックとボーナスの両方を同時に享受することができます。

  関連記事:Land-FXレビュー。秘密のBonus x CBコンボも暴露!

しかも、『gotobi』にとっておあつらえ向きといいますか、「Land-FX」のFXではMT4 時間がGMT0時間で夏時間がありません。

難しいことを考える必要がなく、設定が楽なんです。

gotobi を理解するための3つのQ&A

Q1.そのエントリーロジック、大丈夫?上昇トレンドじゃなくても勝てるの?

~ Answer 1 ~

先に解説しましたとおり、『gotobi』のエントリーロジックはゴトー日に時間通りエントリー&決済をすることだけです。

これで勝てるから不思議~、なのですが、よく見ると、フォワードテストの運用は買いエントリーだけ。

バックテストをしたチャートからエントリーの様子を観察してみても、上昇トレンドに助けられて運良く勝ちを拾っているな、という印象がありました。

もしかして、2021年は USDJPY が強い上昇トレンドだったから、勝ってた?

もしそうだとしたら、円高が進んでUSDJPYトレンドが下降トレンドになっている時は『gotobi』は負けてしまうの?

気になるので、検証してみました。

(クリックで拡大)

USDJPYの10年間分のバックテストの損益推移が上のグラフ、

そして同じ期間の実際のチャートが下段になります。

チャートは高値の線、安値の線でつないでいる「リバーチャート」にしてみました。価格の流れをザクっと見るのにちょうどいいので。(リバーチャートの紹介はコチラ → の記事に)

で、下段のチャートの中で一時的に価格が下落しているところを赤枠で囲んでみました。

上のバックテスト結果で赤枠に入っているところを見てみると・・・

特に、この時期にドローダウンしている、ということはありませんね。

買いのみのエントリーとはいえ、USDJPYの上昇トレンドで稼げる、下落トレンドで負ける、というそのような因果関係はないことがわかりました。

いやー、アノマリーって、すごいですね。

Q2.そのエントリー時間は変えられないの?

~ Answer 2 ~

『gotobi』の公式ページで実測しているフォワードはデフォルト設定で、

買いポジションのみ

エントリーはゴトー日の深夜0時

決済は仲値の9時55分

ただ、この時間設定はパラメーターで変更することができます。

ここが、『gotobi』の面白いところ。

ストラテジーテスターで最適化してみたり、色々な時間設定や、別の通貨ペアでのバックテストを試してみることができます。

過去一年間のデータでパフォーマンスの高い設定を探してみると、いま設定するべき最適は次の通りだとわかりました。

買いポジション

午前6時エントリー

午前9時55分決済

そして、なぜか USDJPY より EURJPY の方がパフォーマンスが高い。

いや、ドローダウン(=リスク)を受け入れるのであれば、GBPJPY がよく稼げます。

複数の通貨ペアで運用するもよし、あなたのお好みの設定を探してみてください。

さらにいえば、「金曜日がゴトー日になった時だけエントリーする」とか「ゴトー日の翌日もゴトー日になったらエントリーしない」などの条件も加えられますので、優位性ありと見ればそれの設定で少し高めのロットを張ってみてもいいと思います。

まったく、遊びがい研究のしがいのあるEAです。

Q3.売りでは使えないの?

~ Answer 3 ~

ゴトー日アノマリーの売りトレードといえば、仲値の9時55分からショートを入れることになります。

これは『gotobi』のデフォルト設定にはないので、決済の時間は自分で決めないといけません。

ただ、当方でバックテストした限りでは、あまり売りのトレードで稼げるとはいえません。

プラスの収支は出してくれるものの、買いトレードと比べて利益は10分の1以下、そして何よりドローダウンの値(=リスク)を考えると運用はできないレベルでした。

私なら、最大ドローダウンが純益よりも大きくなるような設定は、怖くて使えません。

実は『アノマリーマスター』の方も、売りロジックの成績は買いロジックと比べて、だいぶ見劣りがします。公式データにはない、実際の運用のデータです。

「ゴトー日」「仲値」のアノマリーは、売りは考えず買いトレードに徹した方がリスクを抑えて運用ができるものと考えます。

いやいや。リスクはあっても少しでも収益がプラスになる見込みなら使いたい、というお考えであればそれでもいいでしょう。

いくつかの通貨ペアで、決済時間や利確・損切り値幅を変えつつ、1円でもパフォーマンスの良い設定を探してみると良いでしょう。

GBPJPYあたりで、マシなデータが出ると思います。

タシデレFXならこう使う

私ならこう使う・・・というのは、既にここまでの記事で書いた通りですが、バックテストしてみて、調子の良さそうな設定で運用しています。

基本はアノマリーですので、「今の為替相場はこういう傾向がある」ということを確認するために、過去1年間分のデータでバックテストをします。

10年間勝ち続けている、というデータは頼もしいですが、逆に直近1年で調子の悪いEAは使えません。なので、とりあえずは過去1年のデータで十分と考えます。

その過去1年の中でも、直近数ヶ月がちゃんと右肩上がりになっているものがいいですね。

幾つかの通貨ペアで、幾つかの時間設定を試して、その中で収益が高くドローダウンの低いものを選んで運用します。

2021年12月現在では、次の設定です。

通貨ペア : USDJPY と EURJPY 

開始時間 : 午前6時00分

終了時間 : 午前9時55分

『gotobi』ご購入後に色々試して、定期的に最適な設定を更新してみてください。

日本の経済が好調な限り、また「ゴトー日」の商習慣が変わらない限り、半永久的に稼ぎ続けてくれるEAとなるでしょう。

限定特典:お手持ちのダメEAが蘇る『追撃EA』プレゼント

本稿のご紹介記事を読んで『gotobi』を購入してくださった方に感謝を込めて、当サイト限定オリジナルEAをプレゼントします。

あなたのEAのエントリーに合わせて追撃エントリーしてくれるこのEAで、利確も損切りもご自分で設定することができるようになります。

諦めていたダメダメEAが、この『追撃EA』で優秀EAに生まれ変わる可能性も大。

『追撃EA』の詳細はご案内ページでまとめておりますので、ご確認いただけましたら幸いです。

本稿のリンク↓から『gotobi』の公式ページを開き、ご購入へ進んでください。おまけ特典で『追撃EA』をダウンロードできるようにしております。

ショッピングカートに入れた商品の概要欄に「経由ブロガー:yoji」と表記があることを必ず確認してから支払いに進んでください。

「経由ブロガー:yoji」の表記がなければ、お手数ですがその注文はカートから削除していただき、本稿の紹介リンクをクリックするところからお願いいたします。

これで、購入後のマイページで「おまけダウンロード」から専用ページ情報をダウンロードできるようになります。

まとめ

・ 「仲値」「ゴトー日」のアノマリーをロジックとするEAがいま、調子が良い

・ アノマリーEA『gotobi』のロジックがシンプルなのに、稼ぎがエラい

・ 内部設定上も、スプレッド耐性からも、ブローカーを選ばないので安心して利用できる

・ 開始時間 & 終了時間を設定できるので、必要に応じて自分で最適化することが可能。もちろん、クロス円なら他の通貨ペアも選択肢に

・ 売りのトレードは、ちょっと苦手

・ コチラ↓の記事も参考になりますのでよろしければご参照ください。

  参考リンク:【gotobi】購入者稼働率100%!収益性抜群の仲値EA

☆ タシデレFXからのプレゼント ☆

CTA-IMAGE 当サイトのポリシーは『FXで誰もがタシデレ(=幸福)を実現できるようになること』
というわけで、再現性抜群のシステムトレードを無料でおすそ分けしています!
私のリアル運用している自動売買を口座ごとコピーして稼いでください!
手法探しに疲れた初心者さんは必見。
そして、上級者の方もポートフォリオの一環としてどうぞ。

EA・サインツールカテゴリの最新記事