【マーケット情報】FTXの問題発覚で取引所から仮想通貨とその資金が逃げ始めている / ポーランドへのミサイル着弾でいきなり第3次世界大戦のカギを握ることになったウクライナ・ゼレンスキー大統領という危うい状況 / 他

【FX自動売買】ハロウィン大特価EAのオススメがデータで判明

【FX自動売買】ハロウィン大特価EAのオススメがデータで判明

投資家のプラットフォームGogoJungle で、ハロウィンまでの大セールを開催中です。

  Happyゴゴジャン! ゴゴジャン秋フェス
  期間 : 2022年10月21日(金)~ 10月31日(月)

最大50%オフのEAが29商品、最大62%オフのインジケーターが14商品もノミネートされています。

EA大好きな当サイトとしては、EAに的を絞って調査を行いました。

特売の29個のうちどれが本当に入手すべき優秀なEAなのか、データ比較で明らかに。

特に優秀なEAには当サイトから購入特典をおまけしておりますので、どうぞ最後までご一読ください。

出品されているEAのうち、いくつかはコチラ↓の記事でも紹介しております。よろしければご参考に。

【ユニーク・タイム USD/JPY】

【Turn Up EA (ターン・アップEA)】

29本の特売EAと検証データ

ゴゴジャン秋フェス のEA29本 一覧

データの検証方法

本稿では、次のようにまとめたデータを元にして、それぞれのEAの優劣を考えたいと思います。

データは10月21日(金)~22日(土)に採集。それぞれのEAの公式ページのフォワード履歴と、「開発者アップロード」の最新バックテストを採用しました。

(1)年利換算(円/年)

短期間で10万円稼いでいるEAもあれば、長い時間をかけて100万円に達するEAもあります。そのままでは比較しにくいので、計測期間から平均年利を仮算出しました。

EAの単純な「収益性」を比較する指標になります。

(2)ドローダウン÷年利

最大ドローダウンの金額を、何年でリカバリーできるかという目線で指標としました。

ナンピンでないEAであれば、ドローダウンからの「回復速度」を比較する指標になります。

ナンピンEAとしては、収益性とリスクのバランスを比較できるようになります。

なお、ドローダウンは口座残高だけでなく、含み損も計測されています。

(3)0.01ロットに換算

最もリスクを抑えて0.01ロット(1000通貨)で運用開始した場合の成績を計算しています。

最小の運用ロット数はブローカーによって異なりますが、とりあえず同じロット数に条件を合わせて成績を比較することで、公平な「収益性」がわかります。

また、同じロット数で運用した時のドローダウンを比較することで、単純にドローダウンの割合が低い(「低DD率」)EAを選ぶことができるようになります。低予算で、リスクを抑えて運用できるかを見る指標です。

(4)推奨証拠金100万円に換算

GogoJungle のEAの公式ページでは、フォワード計測実績を元に「推奨証拠金」を算出してくれています。

例えば0.1ロットで運用しているEAの推奨証拠金が10万円だとすると、1.00ロットで運用するなら推奨証拠金は100万円ということになります。

また、0.1ロットで運用しているEAの推奨証拠金が10万円で、別のEAが同じく0.1ロットの推奨証拠金が20万円であれば、それら2つのEAのリスクは倍ほど違うということになりますね。

この2つのEAを同じリスクで運用するには、推奨証拠金が同じになるロット数に調節すれば良いとわかります。

ここでは全てのEAを推奨証拠金100万円に調節したとして、同じリスクに揃えたものと仮定します。

同じリスク下で稼ぐ「年利換算(円/年)」において、適正ロットで運用する真の「収益率」のポテンシャルがわかります。

なお、バックテストの方では「推奨証拠金」がありませんので、「最大ドローダウン100万円」で代用しました。

というわけで、各部門で優秀なパフォーマンスを発揮しているEAを見てみましょう。

【収益性部門】とにかく稼げるEAはこれ!ただしリスクは度外視

フォワード1位&バックテスト1位:Recovery

フォワード2位&バックテスト2位:FX Spiral AUDCAD

【低リスク部門】小資金で運用可能なドローダウンの小さいEA

フォワード1位:Trend Master GBPJPY

フォワード2位:LIGHTHOUSE

バックテスト1位:GZ_RSI_multi_M5 (MT5)

バックテスト2位:スーパーパープル・プラム

【ドローダウン回復率部門】リスクと収益のバランスが優れているEAはコレだ!

フォワード1位:Trend Master GBPJPY

フォワード2位&バックテスト1位:FXMaster

バックテスト2位:Distribution_USDJPY_M1_V1

【真なる収益率部門】推奨証拠金の範囲内で最大限稼げるEA

フォワード1位:Trend Master GBPJPY

フォワード2位:FXMaster

総評:どれも一長一短の中、フォワード短い新着EAが光ってた

だいたい毎月開催されるゴゴジャンのキャンペーン、エントリーするEAも次第に増えてきて今回は29個になりました。そろそろ多すぎて、本稿のようなデータ比較も間に合わなくなってきました。

そして、多く出品される割りに、そのラインナップはなかなか良質なEAが揃えられています。ゴゴジャンの方で一定レベルの選定基準でもあるのでしょうか。

ただ、データを比較してみると、フォワードが良くてもバックテストがリスク高めだったり、よく稼いでいるように見えてドローダウンが年利を遥かに超えていたり、各々の不安要素が見えてくるものです。

実は今回も、そういった「良いけど、微妙」な商品が多かった印象。

そんな中で獲得ポイントの多かったのは、フォワード3ヶ月未満のEA「Trend Master GBPJPY」と「FXMaster」でした。

激しいドローダウンを経験していないような計測の短いEAは見かけのパフォーマンスが良くなります。本来はこうしたフォワードの短いEAは購入対象外にするべきなのですが・・「FXMaster」は公式フォワード以前に約4年間のリアル運用の実績があるので、優秀賞に採用しました。

FXMaster

ゴゴジャンには MT4 / MT5 の運用記録を共有できる「REAL TRADE」という機能があります。

そちらを見ると、「FXMaster」は2018年11月5日からの約4年間にもなる実運用が記録されています。

すごいのは、その規模。

他のEAの REAL TRDE によくあるような、1万円や10万円程度の小規模お試し口座ではありません。

運用開始時の口座金額が 33,808ドル。当時のドル円113円で換算すると380万円ほどになります。

ナンピンマーチンという一般的に「破綻前提」とされるスタイルの「FXMaster」を、上記口座で0.10ロットという大きめの取引量で回しています。

ドラクエでいえば「ガンガンいこうぜ」と攻めのコマンドです。

自信と実績が伴った、他にはない希少なナンピンEAといえるでしょう。

ちなみに、ナンピンとはいえ損切りもあるので、破綻の心配はなさそうです。

4年間のリアル運用での損切りは1回のみ。6928ドルの残高減少。もしも0.01ロット運用であれば、693ドル程度の損切りになります。他のナンピンマーチンEAと比べても、このリスクは非常に小さいです。

バックテストが10年しかないのは少し短い。ただ、公式ページの解説のニュアンスでは、「この期間は損切りしてない」ということなのでバックテストを長くしたらすぐ破綻、というわけではないと思われます。

コチラ↓の記事で私がガチで購入検討したナンピンEAの厳しい選定基準を、「FXMaster」もしっかり満たしています。安いうちに購入しておきたいナンピンマーチンEAです。

  関連記事:【購入希望につき】最高のナンピンEAオーディションで大激戦!

「FXMaster」には当サイトからの購入特典を付与させていただきますね。

特別賞

冒頭に掲げた29個のEA一覧表の中に、「計測不能」としているEAが一つあることにお気づきでしょうか。

コイノボリ

トレンド用とレンジ用の2種類のロジックを搭載しており、それぞれのロジックの過去数回のトレードを参考にロット数を決めているということで、もう記録上のロット数はバラバラ。

しかも複利効果で残高と共にロットが増えていくので、平均値も取れない。フォワード初期の口座残高100万円の頃は、下は0.03ロットから上は1.87ロットまでと、かなり広い振れ幅でエントリーしていました。これはさすがに、計算するための基準が割り出せませんでした。

しかし、このシステムベット的なロット設定が効いているのか、「コイノボリ」 は大きな利益をあげています。

2018年4月から2022年1月までの3年半で200万円の利益を出し、2022年3月からの円安トレンド相場でさらに400万円を積み増しました。

複利とはいえフォワードでこのペース、すごくないですか?

かといってドローダウンも大きいわけではありません。口座残高700万円(収益600万円)の時に最大DD128万円なので、残高ベースで18%程度です。(バックテストでは23%)

平均利益が平均損失より十分大きい損小利大、かつ勝率はおおむね5割を維持。

これらの実績は十分、低リスクの範疇です。

内部ロジックの設定にも、相場に合わせて調整できるようパラメーターに配されているのもありがたい。

公式ページには「おまけEA」についても言及されています。似たようなEAを開発しても別途販売するのではなく、既存の購入者におまけで配布したいとのこと。なんと立派な心意気。

・・なのですが、「コイノボリ」をカートに入れても「おまけ」の表示がないので、現在のEA配布方針はよくわかりませんね。

というわけで、データ比較はできなくても実績が顕著な「コイノボリ」に特別賞を進呈。当サイトオリジナル特典を付与させていただきます。

タシデレ限定特典:お手持ちのダメEAが蘇る『追撃EA』プレゼント

当サイトの指定リンクから下記のEAを購入してくださった方に感謝を込めて、オリジナルEAをプレゼントします。

<本稿で購入特典を付与したEA>

FXMaster 
コイノボリ 

<別の記事で購入特典を付与済みのEA>

Turn Up EA (ターン・アップEA)
天狗 -てんぐ- AUD/JPY-ALL- 
Recovery

あなたのEAのエントリーに合わせて追撃エントリーしてくれるこのEAで、利確も損切りもご自分で設定することができます。

諦めていたダメダメEAが、この『追撃EA』で優秀EAに生まれ変わる可能性も大いにあります。

『追撃EA』の詳細は、コチラ↓のご案内ページでご確認いただけましたら幸いです。

コチラ↓のリンクから商品の公式ページを開き、購入して下さった方へのおまけ特典で『追撃EA』をダウンロードできるようにしております。

ショッピングカートに入れた商品の概要欄に「経由ブロガー:yoji」と表記があることを必ず確認してから支払いに進んでください。

「経由ブロガー:yoji」の表記がなければ、お手数ですがその注文はカートから削除していただき、本稿の紹介リンクをクリックするところからお願いいたします。

これで、購入後のマイページで「おまけダウンロード」から専用ページ情報をダウンロードできるようになります。

まとめ

・「ゴゴジャン秋フェス」にてEA&インジケーターを特売で大放出中(~10月31日まで)

・利益やドローダウンを同じ条件に揃えてデータ比較すると、優劣が一目瞭然

・公式フォワードの短い「FXMaster」を今回の最優秀賞に。非公式のリアル運用で4年弱の実績があるため

・「コイノボリ」というEAも優秀かつお得なので、特別賞として紹介

・優秀なEAには当サイトから購入特典を付与していますので、お得に購入してください

☆ タシデレFXからのプレゼント ☆

CTA-IMAGE 当サイトのポリシーは『FXで誰もがタシデレ(=幸福)を実現できるようになること』
というわけで、再現性抜群のシステムトレードを無料でおすそ分けしています!
私のリアル運用している自動売買を口座ごとコピーして稼いでください!
手法探しに疲れた初心者さんは必見。
そして、上級者の方もポートフォリオの一環としてどうぞ。

EA・サインツールカテゴリの最新記事